2013年10月

2013年10月20日

アートカプセルマラソン部の4人で、「第25回 つのしま夕やけマラソン」に参加してきました〜〜〜!

去年・一昨年は、同時期に開催の「みかんマラソン(in 江田島)」へ出たんですが、今年はちょっと趣向を変えてみようかと。どうせだったら一泊して観光も楽しめるところにしようや〜!と話が盛り上がり、山口県の角島へ行ってみることに決めました。

角島は、下関から北へ50kmぐらいにある、沖縄並みの青い海に囲まれた、人口900人の小さな島です。角島大橋は車のCMなんかでよく使われてるから、見たことある人も多いかもしれませんね。

index001a haishaku

朝8時出発、のんびり行きつつ途中の道の駅でお昼ごはんを食べて、12時半ごろ余裕で到着〜!・・・の予定が、私の寝坊により、いきなり大幅にずれまくり。・・・ご、ごめん

とか言いつつ、やはり「道の駅」の誘惑には勝てず、「豊川街 道の駅:蛍街道 西の市」へフラフラと吸い寄せられてしまいました。
ここは、銭湯も付いてて、となりにホタル資料館がある、比較的新しそうな(カーナビに乗ってない)施設。

01

ほんとはゆっくりそこで昼食でも取りたかったんだけど、時間を逆算すると、「ゲゲッ!受付時間に間に合わんかも!」!!!そこから慌てて山道をぶっ飛ばし・・・やって来ました、日本海!

02

角島小学校(受付会場&ゴール地点)に着いたのは、受付終了時間の5分前。滑り込みセーーーフ!

03

まめ子がここで体調不良により棄権を決断。参加賞だけもらって、ゴールで待っててくれることになりました。
小学校前から、参加者はシャトルバスでスタート地点(角島大橋の本土側)へピストン輸送されます。小学校は海に面してるんですよ。恵まれた環境の学校ですにゃー。

05

で、15:20スタート。名前の通り「夕やけ」マラソンなので、それに合わせて遅めなのです。

もちろん1700人に踏み潰されて死んでしまっては意味がないので、後ろの辺りからダラダラと走り始めました。
角島大橋は全長1780m。車で通った時にうすうす感じてはいましたが、橋って平らじゃないんだね・・・いきなり辛かったです。

06

スタート地点に集まってる人たちを見渡して、これまたうすうす感じていたのですが、他の大会と比べると、仮装してる人や子供がほとんどいなくて、皆さん顔つきやウェアーがかなりの「本気モード」・・・。全体的にペースが早く、あっという間に「最後尾」になっていました。
最長で10kmの大会だから、もっと楽しいお祭り的なイベントかと思いきや、どうやら皆さん記録狙いで来ているらしい。あんなにたくさん橋を埋め尽くしていた人たちは、一体どこへ消えてしまったのか・・・(いや、消えたのは私のほうか・・・笑)。

27

ずーっとユルユルアップダウンがあり、普段坂道なんて練習してないもんだから、ペースグダグダ。歩いたり走ったり、歩いたり、歩いたり・・・。

09

私が途中で投げ出してしまわないようにと、山崎さんが伴走してくれまして(この場合は「伴歩」と言うべきか)。
山崎さんは来月、下関のフルマラソンに出るから別にこの大会は記録出さなくてもいいんだそうな。

07

沿道の人や山崎さんに励まされながら、なんとか折り返し地点まで辿り着くことができました。
大好きな「でっかいコーン」に大興奮です。

「で!でっかいコーン

28

残り5キロは惰性で走り、ゴーーーール。

29

完走証をもらってタイムを見てみると・・・

10

1時間18分。
ってことは、78分。ってことは、制限時間のなんと、2分前じゃん!あっぶねーーーーー(笑)(笑)(笑)

1時間を切ってたトンさんと、男子のほぼ最下位にさせてしまった山崎さんと、ハイチーズ。

26

閉会式とお楽しみ抽選会を見ているうちに、日が暮れてきました。この日は結局「曇り」で、きれいな夕やけを見ることはできませんでした。が、結果的に、そのほうが走りやすかったんでよかったです。ピーカンじゃったら多分リタイヤしとったわ。

ここでトンさんとお別れ。私と山崎さんとまめ子は、島で唯一の旅館、「つのしま旅館」へ向かいました。

32

旅館、というより、民宿?というより、民泊?(笑)超なごみ系の、離れのお部屋へ通されました。

11

食堂で、お夕飯。

30

サザエにアワビにイカに鯛、怒涛のお刺身攻めです。めちゃめちゃテンションアップ!どれもおいしかった〜!

001

この旅館のこの昭和レトロな雰囲気、たまらんかったな〜。「一期一会」!「ミラーボール」!「レコードプレーヤー」!嗚呼、キッチュ!!!もはや文化財!!!

12

でもお風呂だけはラブホ並みにキレイで大きかったよ(笑)。汗を洗い流して、極楽極楽・・・。

14

翌朝。まめ子によると、私はウフフアハハと小鳥たちと遊んでいるっぽい寝言を言っていたそうです。

15

旅館で飼われている(と言っても放し飼いの)チャチャちゃん。
もう耳の聞こえないおばあちゃん犬だそうです

16

か、かわいすぎる。。。

17

朝食も、鮭やイカなど、海の幸てんこ盛り。ご飯2膳食ったった〜。

19

9時半チェックアウト。ちょっと角島観光して帰ることにしました。

34

明治に建てられた、現役の灯台だそうです。
200円払って、登ってきました。螺旋階段200段。視界は、360度、海!海!海!
水平線は弧を描いていて、地球は丸いんだと実感しました。小雨がぱらついていたんですが、晴れてたらもっときれいだったろうな〜。

iPhoneのパノラマ撮影 ↓(クリックで拡大します)。

20

いたるところで「イカくるくるマシン」が回ってましたよ。後ろには「美人海女二人組」の看板が・・・ホンマかいな〜(笑)。

35

角島大橋を、今度は一路本州へ。さらば角島、また来るぜ〜。

36

ちょうど角島大橋を渡ったところに、「道の駅:北浦街道ほうほく」があったので、お土産を買おうと寄ってみました。ここもカーナビには載ってなかったので、新しい道の駅なんでしょうね。

21

「ほっくん」というゆるキャラがいました。中の方のご苦労が案じられる形状をされてます・・・。

37

せっかく山口来たんだから、温泉入って帰ろうということになり(広島は温泉ないので)、どうせなら秘湯だよね!ってなわけで、「一の俣温泉」へ!
期待通り(以上?)のさびれっぷりにちょい感動(笑)。
温泉検索は、「温泉さがし」というiPhoneの無料アプリが役に立ちました。

24

温泉旅館5箇所の内、一番安そうな「一の俣 温泉荘」へ、恐る恐る入ってみることに(600円でした)。
ちょい熱めのヌルヌル硫黄温泉で、気持よかったです。えらいギシギシするシャンプーだなと思っていたら、出た後山崎さんが「ボディソープしかなかったですね〜」と言っていた。ということは・・・(笑)。

23

その後、行きしなに食べられなかった「豊川街 道の駅:蛍街道 西の市」の「地産地消バイキング」を堪能!これが殊の外美味しかった!

25

そして美祢から高速に乗りました。写真は、インター手前の宇部興産。「工場萌え」な人には堪らないのではないでしょうか。

39

帰宅は18時過ぎでした。
角島、いいとこですね。また行きたいです。あー、楽しい旅だった!
これをまた励みに、頑張って走ろ〜っと!


usaandryo at 01:00コメント(1) 

2013年10月01日

01

iPhone5cの発売と同時に、4年間愛用したiPhone 3GSとおさらばしました…。
大体4年ごとに携帯を買い換えているのですが、正直、今回ほど感動と変化のない買い替えはなかったな〜〜〜。この4年で進歩したのは速さ「だけ」かよ〜って感じ。これが携帯の最終形なのかと思うと、ちょっと世の中つまらないですね。ジョブスは今ごろこの状況を、雲の上から歯ぎしりして見ているのでしょう…。

**********

28日(土曜日)、なんともびっくりな集まりに呼んでもらいまして。

02

小学校の同級生たちとは顔見飽きるほど今でも集っていますが、今回はなんと!中学の同級生の集まりだったんですよ!
あの頃のワシはもう性格も生活もすさみきっていたので、なるべく思い出を封印しとったんですが、そんなワシなんかのことを覚えててくれたM田(真面目組)やK品君(真面目組)が、声をかけてくれまして〜〜〜。
内心ドキドキで待ち合わせ場所(これまた同級生のお店なんだけど)に行ったわけです!でも、まぁ、蓋を開けたらちゃんと不真面目組からも3人(内1人は偶然そこに居合わせただけなんだけど)、呼ばれてました(笑)!あ〜、よかった(笑)!
ワシらベビーブーマーだったもんで、確か12クラスぐらいあって、なかなか集おうと思っても難しくてね。で、今回のこの小さな集まりを機に、それぞれが連絡取れる人に連絡取って、年末大同窓会しようじゃないか、と、そういう話になりました。
喋ってるうちに、ワシが忘却の彼方へ追いやっていた当時の話をみんなが見事にほじくり返しまくってくれて、色んなエピソードでシラフが3人いるとは思えないほどの大盛り上がり!!!気持ちが昂ぶり過ぎたF井の告白には、M田が思わず泣き出す始末(爆笑)。いや〜、ほんとに楽しかった!面白かった!嬉しかった!久しぶりにぶち笑うたわ〜〜〜。
勇気を出して、会ってみるもんだね。みんな、それぞれ人生色々あっても、すぐ当時の友達に戻れるってことがわかったよ!

というわけで、1988年に己斐中・己斐上中を卒業した1972/4〜73/3生まれのそこのチミ!
12月29日の夕方から、予定を開けておくように!!!
同じく同級生の、中区袋町のM岡の店で、大同窓会、するよ!
参加希望者は、オノ、K品、M田、H口、Y田・・・誰でもええけん、連絡よこして〜。
いつもは年始に集まる小学校の定例会も、もうこれと一緒ってことで!ヨロシク(笑)!

M田、K品君、呼んでくれてありがとうね。ええ仲間じゃわ。

**********

ところで9月も終わり、気付けば春から始めた仕事2つ、あっという間に半年経ってました。
 
専門学校では、前期が終わって学生さんたちから集められた講師の評価のアンケート内容が、想像以上に良くって涙腺崩壊。気持ち的にはもう、全員にハグしてAをあげたかった!(でも、大人の事情でそういうわけにもいかんのよね〜、ゴメンちゃい・笑)
後期は、2年生にはもっともっと「創作的な手仕事」させて、社会に出るための「自信」をつけさせてあげたいな〜。楽しい課題をバンバン用意するので、覚悟しとけよっ!

児童デイも、やっと子供たちが落ち着いてきて(とは言っても毎日何かしらハプニングは起こるんじゃけど)、すごい作品が続々出てきています。ワシら指導員もウカウカしとれんわ〜(焦り・笑)。
まぁ、どんな障害持っとるとしても、どの子もかわいくてかわいくて仕方ない。いわゆる「社会化訓練」をするところである学校や、「生活における躾け」を担当せざるを得ない親御さんでは引き出すことのできない、クリエーティブな部分の可能性を、ワシらが思いっきりはじけさせてあげたいな!と思っています。
物が言えない子供たちが、自分の気持ちを表現するのに、アートってとてもいいツールだと思うんですよね。自己表現をすることで、少しでも本人の心が癒され、それを見た他の人に気持ちが伝わる、という喜びと、そういうことができる「アートの力」を知ってほしい。
そんな気持ちで子供たちと向き合っています。

**********

そうそう、話は飛ぶけど一応ご報告。
 
実は、夏に、びっくりするほどよく効く薬に出会えたんですよ。心療内科通院120回目にして(笑)、ついに。
それからウソのように仕事も頭クリア〜!な状態で頑張れてます。
一念発起の起業から、バリバリ経営者やってた頃と比べると、まだまだあの闘志に燃える野獣のようなアグレッシブさは回復していませんが(え?ただ単に年取っただけかね?)、それでも、状態のひどかった5、6年前と比べると、明らかに今、気持ちは上向きです。

薬はただの「対処療法」というのは重々承知してますよ。薬は傷に蓋をするだけ。その内部は結局「自分の力で」治していくしかないんですよね。それには、ワシの場合、時間が必要。
でも、考え方によっては、今のワシにとってこの「薬」というのは、足を切断した人にとっての義足とか、目の悪い人にとってのメガネとか、そんな「便利グッズ」のような気がしています。普通の生活を送るための、サポートツール。そう思えば、恥ずべきこともないし、必要以上の依存をすることもない。うまく付き合っていけるかな、と。
要するに、今まで全然度の合ってないメガネを取っ替え引っ替えしていたようなもんなんかな〜。「太◯胃散、い〜薬です」じゃないけど、「ベ◯ナ◯ン、い〜薬です」、って感じですね、今んとこ。
とにかく、ビョーキでもビョーキじゃなくても、食っていかんといけんわけじゃけね、ワシは。独りモンじゃし。体裁気にしてる場合じゃないのであ〜る。使えるものは、使っていかんと・・・。

**********

そういえば、このブログのタイトル、「オノのタワゴトのタワゴト」でしょ。
ブログを始めたのが2004年4月。元々は、1999年8月からやってた「オノのタワゴト」(略してONOTAWA)というホームページの中の、1ページ。だから、ブログのタイトルが「タワゴトばっかり書いてるHP内の、さらにタワゴト書いてるコーナーですよ」だったわけ。ONOTAWAの主要コンテンツは、「ARTAWA(アートなタワゴト)」「PETTAWA(ペットのタワゴト)」「SONOTAWA(その他のタワゴト)」の三本柱。2005年の春ぐらいまで、結構更新してました。

初期のトップページ ↓

onotawa

その後忙しくなってブログの更新ぐらいしかできなくなってたんですが、5,6年前に実家を出た時プロバイダとの契約を切ったので、それに伴い閉鎖しました。

で、今はブログだけが独立してるわけなんですが、考えてみたらブログだけ見ても、初めて見る人にとってはワシがどこの馬の骨だかさっぱりわからん状況になっとることに気づいたよ(笑)!(一応昔のアートカプセルのホームページにプロフィール欄は残ってるけどね → 講師紹介

つーわけで、今度このブログ内の1記事として、プロフィールを書き足そうかと思っています。
でも、今日はもう寝るから書かない。
 
それでは皆さん、おやすみなさーい


usaandryo at 01:00コメント(2) 
オノマリコ



オノマリコ

永遠の器用貧乏です。

アートカプセル
サザナミインコのRamona

twitterやっとるよ
月別アーカイブ
コメント
記事検索
Facebookにもおるよ
mixiにもおるよ
Skypeでもどーぞ!
メッセージ

メールはこちら
お気軽に。



英語のことわざ
英語の名言
  • ライブドアブログ