2012年12月

2012年12月01日

ゆうちゃんの元へ、突然区役所からの連絡がありました。
「己斐の住宅に長期間放置してあるおたくのバイク、撤去してくれんかね?」と…。

私とゆうちゃんが高校生の頃、二人で一目惚れしてお金を半分ずつ出しあって買ったバイクが、西広島の駅で盗まれてからかれこれ20年。それが今さら発見されたというのです…。

ゆうちゃんからの連絡を受け、びっくりたまげた私は(メインで乗っていたのは私だったので)、現地へバイク屋さんと見に行ってきました。
ああ、懐かしの再会。愛しのホンダハミング。そう、この子だ…。
20年も、ここで一人さみしく放置されていたのかお前…(涙)。こんなズタボロになって…(涙)。

07
 
同伴してもらったバイク屋さんに聞くと、「こりゃあもう修理のしようもないねぇ」とのこと。
結局そのまま引き取ってもらい、廃車処理してもらいました…。
心の中で、ドナドナを歌いつつ…。合掌…。

**********

この「ハミング」 ↓ を始め、昔からレトロなバイクが大好きで、

01

次に乗ったのはホンダの「カレン」。
これはもう盗まれないようにと、黄緑の部分を全てオレンジに塗り直し、オリジナルカレンにして超かわいがってました。
私が渡米した後も、妹が引き継いで乗ってたみたいですが、ガソリンタンクの蓋を盗まれ、やむなく廃車。

02
 
帰国後乗っていたのは妹からもらったヤマハの「Popgal」。
カネボウとのコラボで1982年に発売された、女の子用(笑)の小さなモペット。
最後はイージーミスでオイル切らしてエンジン焦がし、オシャカにしてしまいましたが(今でも悔やまれる…)、これも4,5年バリバリ乗り倒しましたね。

08

「バリバリ」と言っても、上の3台は、どうやっても30km以上出ない、超低速車(笑)。
運動神経のない私には、ちょうどよいパートナーたちでした。

その後汎用車のディオやタクトにも一時期乗ってみましたが、

04Dio

05stand up TACT

なぜか必ず大きな事故を起こしてしまい、それぞれ1年以内に廃車の運命を辿りましたね。
結局、こういうスピードの出る流線型のイマドキなバイクは、私にゃ危なっかしくて乗れないという結論に達しました。命を、落としかねん…。
 
そこで、懇意にしてるバイク屋さんから、「オノさんに2ストは危ないけぇ、カブにしたら?」と勧められ、今乗ってる中古のカブをあてがってもらうことになったのです。

06

このカブになって、約10年。
大きな事故もなく、ちょこちょこチューンナップしてもらいながら、まだまだ現役貫いてます。

私には結局カブが合っとるんかなぁ。。。

その、もう何十年もお世話になってる己斐のバイク屋さんが、今月いっぱいでお店を閉められます。
そこのご夫婦は、私の理想の夫婦だった。
1言うと、10黙ってやってくれてる、無口で黙々働くお父さんと、テキパキ気の利く愛想のいいお母さん。
今までいっぱいわがまま聞いてもらってきました。
居高オートさんがなくなるなんて、私これからどうしたらいいんだろう。
ハミングの引き取りに来てくださった時も、「最後にカブを点検しといてあげるけ一回来んちゃいよ。」とやさしく声をかけてもらって、泣きそうになりました。
また、こんなに信頼できるお店が見つかるだろうか。
技術も大事、店構え(見栄)も大事かもしれんけど、結局は、「人」なんだよね。

居高さん、長い間お世話になりました。そして、ご苦労様でした。
これからしばらくワシはバイク屋ジプシーじゃわ…。


usaandryo at 01:00コメント(2) 
オノマリコ



オノマリコ

永遠の器用貧乏です。

アートカプセル
サザナミインコのRamona

twitterやっとるよ
月別アーカイブ
コメント
記事検索
Facebookにもおるよ
mixiにもおるよ
Skypeでもどーぞ!
メッセージ

メールはこちら
お気軽に。



英語のことわざ
英語の名言
  • ライブドアブログ