2000年03月

2000年03月01日

■ 00年3月の1枚

0003

季節感のない絵で申し訳ない。うちのお嬢さんが比治山公園で落ち葉にまみれて跳ね回って遊んでいるところです。結構自分ちのペットを描いている生徒さんが沢山いたので、何となく悔しくなってムキになって描きました(笑)。だけど本物の方がよっぽどかわいいです。ちょっと構図に失敗したような気がしないでもありませんが(数枚の明るい落ち葉の位置が悪いよね〜)、それもこれもうさし丸のキュートさでカバーしてしまうのじゃ(親バカ?)。

「ガサ子ちゃん」 2000 20×28cm 透明水彩


**********


■ 00年3月のタワゴト

やっと個展します。どうもお待たせいたしました。お話を頂いたのは、トミタアートスクールの隣の教室で油絵を教えている宮本満雄先生からでした。…と、いうわけで、実は2人展なのです。すごい組み合わせです(笑)。んもー、ありとあらゆる点で2人はバラバラです(笑)。面白くなりそうです。そんな事情があって最近たくさん描いてます。今回は透明、不透明の水彩に限定して集めてみるつもりです。気軽にトイレにでも掛けられるような小品ばかりですのでお買い上げ頂けたら嬉しいですな。まあでも今回はデビュー戦ってことであんまり商魂出さないようにします(なんじゃそれ)。とりあえず見て下さい。多分私の周りの人たちは、勝手に「どうせオノの事だからわけわかんないエログロみたいな抽象描いてるに違いない」と思っているみたいなので、いい意味でそーゆー人たちの期待(?)を裏切ってみたいと思います。「別に心の綺麗な人が綺麗な絵を描くわけじゃないのさ〜」って教えてあげたいです(笑)。ま、でも、宮本先生のも明るくオシャレな感じの爽やかな絵ばっかりなので、全体的にはきっと誰も嫌な気持ちになって帰る事はないでしょう。ってゆーか、絵って結局は(人々にとって)娯楽でしかないんだから、そういう意味では私達以上の事はできないと断言させてもらいますぜ。嫌な事を思い出させたり、世の中の暗い面をわざわざピックアップして描いたり、理屈っぽかったり、難解(の割にはしょぼい答えだったりする)だったりする絵は要らないと思うのですが。そういうのをゲージツカ面して発表する人たちに「あんた何様?!」って言いたいですね。この社会、絵描きなんか本当は必要ない職業ですからね。…そのへんはね、私だってちゃんとわかってるんですよ(笑)。ただ他のことできないだけなんですね(苦笑)。…ってまた話がネガティブな方向へ走ろうとしておりますな。心境としては結構前向きなんですが。個展も素直にやる気になってるし。こんな私が描いたしょーもない絵ですが、よろしかったら皆様見に来てやって下さいませ。詳細はもうちょっとしたらきちんと載せます。 



usaandryo at 01:01コメント(0) 
オノマリコ



オノマリコ

永遠の器用貧乏です。

アートカプセル
サザナミインコのRamona

twitterやっとるよ
月別アーカイブ
コメント
記事検索
Facebookにもおるよ
mixiにもおるよ
Skypeでもどーぞ!
メッセージ

メールはこちら
お気軽に。



英語のことわざ
英語の名言
  • ライブドアブログ