2000年02月

2000年02月01日

■ 00年2月の1枚

0002

NHKの水彩画入門か何かの講座で参考に出ていた写真を勝手に使って描いてみました(いいのか?!)。デッサンから長い間遠ざかっていたので、自分の手が鈍っていた事にちょっぴりショックを受けました。近くで見るとかなりいい加減です・・・。

「女の人」 1999 20×27cm ミクストメディア


**********


■ 00年2月のタワゴト

あ〜、思いっきり風邪をひいてしまいました…。体が重くてキーを叩くのも精一杯です。だけど流行性感冒にかかると「少なくとも社会と関わってるって証拠ね」なんて苦笑いしちゃったりなんかして、まあそんなつまらない事を考えながら、たまには何もする事のない日があってもまーいーか…ってちょっと頭がおかしいです、すみません。どうやら4月の終わり頃に個展のメドが立ちそうな気配です。ちゃんと決定してからまた詳しい事は発表します。先月はこれといって美術に関して申し述べたいような事柄はなかったように思います。色々な展覧会のチケットなどを頂いたのですが、結局どれもこれも行かずじまいで、あんまり美術と関わった記憶がございません(笑)。先月は絵を描くよりも、額や画材を購入する事の方に熱意があったし(笑)。ってなわけで最近は着実にアクリル関連の画材を増やしつつあります。やっぱり油絵の方がネチネチこねるのは楽しいし、透明水彩の方が技も冴えるし、アクリルってどうも中途半端なメディアで好きになれないのですが、何と言っても手軽。結局「ちょっと描いてみようかな」って時はアクリルになってしまいます。ってなわけで最近はもっぱらアクリルにはまっております。多分、来るべき個展もアクリル画中心になると思います。まあたまにはちゃんと目標を立てて計画的に生産しなくちゃな、と思います。話は飛びますが、色んな人から(私の絵の)色んな感想を頂きます。大抵は「そんな事全く意識してなかったのに、わはは」みたいなありがたいお言葉ばかりです。絵は見る人で変わっちゃうんですね。実に面白いです。「作者の説明がないと芸術として成り立たない」現代の主流、コンセプチュアルアートに比べると、私の絵はまだましなのかしら…とちょっと嬉しくも思います。これからも皆様の叱咤激励、勝手評論、よろしくお願いいたします。なんか支離滅裂な文章でしたが、今月はこの辺で…。 



usaandryo at 01:01コメント(0) 
オノマリコ



オノマリコ

永遠の器用貧乏です。

アートカプセル
サザナミインコのRamona

twitterやっとるよ
月別アーカイブ
コメント
記事検索
Facebookにもおるよ
mixiにもおるよ
Skypeでもどーぞ!
メッセージ

メールはこちら
お気軽に。



英語のことわざ
英語の名言
  • ライブドアブログ