2000年01月

2000年01月01日

■ 00年1月の1枚
 
0001

ヒマつぶしに描いたコーヒーの絵です。この日はなぜか手が震えて止まらなかったので(よくあるんですが)、細かいところまで描けませんでした。でも逆に結果オーライという気もします。この絵を年賀状に使いました。題を「おとそ」にして(笑)。

「静物の習作」 1999 20×27cm 不透明水彩


**********


■ 00年1月のタワゴト

新年明けましておめでとうございます。何も変わりませんが。ま、文句から始めるのもなんなので、たまには機嫌のいい事も書きます。トミタアートスクールの生徒さんたちの展覧会、素晴らしかったです。気取ったギャラリーの展示よりよっぽど良かったです。特に私の生徒さんのコーナーは輝いておりました。あっぱれ。どの絵も自分が描いた絵のように愛おしかったです。どう取られても仕方のない発言かもしれませんが、私、気付きました。それらの作品は「私が生徒さんを通して描いた」ように思えました。生徒さんを筆代わりにして私がそれらを描いたわけです。別に最近描いていない言い訳ではありませんけど…。まあとにかく、商業的でなく、超個人的な題材で、好き勝手に描かれた絵というのは見ていてとてもすがすがしく、無条件で良い。私は間違った事を教えていない!と確信が持てました(他の教室の生徒さんの作品の中には「間違った事を教えられている!」と指をさして言いたくなるようなものがたくさんありました。技術の問題ではなく。絵を描く姿勢、いうなれば根本。多分目指すゴールそのものを最初に間違って教えられている…あ、また文句になっちゃった)。えー(コホンッ!)まあ、生徒さんにも今回の展覧会は刺激になったはずですし、私もこれからのやり方にも一筋の希望が見えましたので、こんな私ですが今年もどうかよろしく。 



usaandryo at 01:01コメント(0) 
オノマリコ



オノマリコ

永遠の器用貧乏です。

アートカプセル
サザナミインコのRamona

twitterやっとるよ
月別アーカイブ
コメント
記事検索
Facebookにもおるよ
mixiにもおるよ
Skypeでもどーぞ!
メッセージ

メールはこちら
お気軽に。



英語のことわざ
英語の名言
  • ライブドアブログ