2012年12月01日

ゆうちゃんの元へ、突然区役所からの連絡がありました。
「己斐の住宅に長期間放置してあるおたくのバイク、撤去してくれんかね?」と…。

私とゆうちゃんが高校生の頃、二人で一目惚れしてお金を半分ずつ出しあって買ったバイクが、西広島の駅で盗まれてからかれこれ20年。それが今さら発見されたというのです…。

ゆうちゃんからの連絡を受け、びっくりたまげた私は(メインで乗っていたのは私だったので)、現地へバイク屋さんと見に行ってきました。
ああ、懐かしの再会。愛しのホンダハミング。そう、この子だ…。
20年も、ここで一人さみしく放置されていたのかお前…(涙)。こんなズタボロになって…(涙)。

07
 
同伴してもらったバイク屋さんに聞くと、「こりゃあもう修理のしようもないねぇ」とのこと。
結局そのまま引き取ってもらい、廃車処理してもらいました…。
心の中で、ドナドナを歌いつつ…。合掌…。

**********

この「ハミング」 ↓ を始め、昔からレトロなバイクが大好きで、

01

次に乗ったのはホンダの「カレン」。
これはもう盗まれないようにと、黄緑の部分を全てオレンジに塗り直し、オリジナルカレンにして超かわいがってました。
私が渡米した後も、妹が引き継いで乗ってたみたいですが、ガソリンタンクの蓋を盗まれ、やむなく廃車。

02
 
帰国後乗っていたのは妹からもらったヤマハの「Popgal」。
カネボウとのコラボで1982年に発売された、女の子用(笑)の小さなモペット。
最後はイージーミスでオイル切らしてエンジン焦がし、オシャカにしてしまいましたが(今でも悔やまれる…)、これも4,5年バリバリ乗り倒しましたね。

08

「バリバリ」と言っても、上の3台は、どうやっても30km以上出ない、超低速車(笑)。
運動神経のない私には、ちょうどよいパートナーたちでした。

その後汎用車のディオやタクトにも一時期乗ってみましたが、

04Dio

05stand up TACT

なぜか必ず大きな事故を起こしてしまい、それぞれ1年以内に廃車の運命を辿りましたね。
結局、こういうスピードの出る流線型のイマドキなバイクは、私にゃ危なっかしくて乗れないという結論に達しました。命を、落としかねん…。
 
そこで、懇意にしてるバイク屋さんから、「オノさんに2ストは危ないけぇ、カブにしたら?」と勧められ、今乗ってる中古のカブをあてがってもらうことになったのです。

06

このカブになって、約10年。
大きな事故もなく、ちょこちょこチューンナップしてもらいながら、まだまだ現役貫いてます。

私には結局カブが合っとるんかなぁ。。。

その、もう何十年もお世話になってる己斐のバイク屋さんが、今月いっぱいでお店を閉められます。
そこのご夫婦は、私の理想の夫婦だった。
1言うと、10黙ってやってくれてる、無口で黙々働くお父さんと、テキパキ気の利く愛想のいいお母さん。
今までいっぱいわがまま聞いてもらってきました。
居高オートさんがなくなるなんて、私これからどうしたらいいんだろう。
ハミングの引き取りに来てくださった時も、「最後にカブを点検しといてあげるけ一回来んちゃいよ。」とやさしく声をかけてもらって、泣きそうになりました。
また、こんなに信頼できるお店が見つかるだろうか。
技術も大事、店構え(見栄)も大事かもしれんけど、結局は、「人」なんだよね。

居高さん、長い間お世話になりました。そして、ご苦労様でした。
これからしばらくワシはバイク屋ジプシーじゃわ…。


usaandryo at 01:00コメント(2) 

2012年11月24日

STUDIO DUCKの「KAMO'S NIGHT」というイベントに(なぜか)呼ばれ、オノーンズ、またやらかしてきました。

07

カモさんというのは、亡くなったDUCKの初代オーナーの方で、11/24はその方の誕生日なんだそうです。
他のバンドは皆カモさんにゆかりのある方たちで、ブルースとかソウルとかの、キャリアのあるうまい人たちばかり。私らが最年少ぐらいだったんじゃないかな?
ん〜、ますますなぜ呼ばれたのかわからない…。もう、演る前からアウェイ感ビシビシで、正直ブルブルでした。

しかしまぁ、呼ばれたからには頑張ってやりますよ!
もう、開き直りじゃ!

01

1曲目、ご挨拶を兼ね、「カモさん」にかけて、「"カモ"n Everybody(短縮バージョン)」を演りました。 

その後のセットリストは以下のとおり

2. Rock'n'Roll Radio/Ramones
3. Sheena is a Punk Rocker/Ramones
4. Beat on the Brat/Ramones
5. Blitskrieg Bop/Ramones
6. Outsider/Ramones
7. Spiderman/Ramones

7曲演っても20分かからないぜ(笑)!あっという間に終わらせてやったわいっ!

02

03

後のオジサマバンドの方(木定楽器の店長さん)に、「よかったよ〜。なんか忘れてたもんを思い出させてくれた感じ〜。」と、声をかけていただきました。ま、真に受けて、ええんかな?

演奏後、DUCKの出入り口でオノーンズメンバーと。
シンジさん、コーヘーさん、キヨチンさん、今年最後の演奏、お疲れ様でした!

04

っていうか、実はオノーンズはこれで解散。
また、来年違う形で新しいことやります。
 
06
 
このあとみんなでめーぢさんのお店に行って一杯飲み、シメに一休軒のラーメン食べて、帰りました。

おまけ

05

The Stripperの河名さんと、キヨチンさんの娘まりちゃんと、ワシ。「ザ・擬似家族」(笑)。あまりにも二人の笑顔がよかったので載せてみました。

usaandryo at 01:00コメント(2) 

2012年10月21日

必要以上に快晴!の中、「ひろしまMIKANマラソン」に出場してきました〜。
アートカプセルマラソン部、山崎さんはハーフ、まめ子と私は10km、鳥友トンさんは5kmに挑戦です。
今回は、トンさんのお友達、みっちゃんも東京から参加。5人で江田島へ向かいました。

午前7時45分、トンさんの車で出発。宇品港に車を停めて、そこから高速艇に乗りました。
こん時は、まだまだ余裕の表情 ↓

01

大柿高校付近からスタート。
人の多さにアワアワしてたら、
一緒にいたはずのまめ子とみっちゃんを一瞬で見失い、あれよあれよという間に最後尾グループに追いやられてしまった…。

02

そこから全く反撃できぬまま、海を横目にヒーコラヒーコラ。
暑いし坂だし知らない道だし…っていうのは言い訳だけども、日頃の練習の効果は全く発揮できず、とにかくしんどかったなー。
しかし沿道のあちこちで地元の人が頑張れ頑張れと声をかけてくださるので、申し訳なくて投げ出すわけにもいかず、とにかく休まず走ったよ。

03

10km女子160人中、130位という高校の成績並の順位でゴール。ま、ワシの人生こんなもんか。
完走賞は、もちろんMIKAN。

04

閉会式の抽選会でも何も当たらず、ただもうクタクタ。

05

帰って一旦シャワーを浴びて、夜は横川でまた集まって、打ち上げしました。林記飯店ファミリーコース。おいしかった〜。

結構練習してきたつもりだったけど、見事に自信が打ち砕かれましたね。
オリンピックとか出る人とはレベルが違うかもしれんけど、「大会には魔物がおる」って言われるのがちょっとわかったような気がします。
ま、完走できただけいっか。
まめ子、山崎さん、トンさん、みっちゃん、お疲れ様でした〜 


usaandryo at 01:00コメント(5) 

2012年10月04日

さて、今年も「ヒロシマMIKANマラソン」が近づいて来たので、着々と調整を続けております。
8月から9月中旬は週1で5キロぐらいずつ走ってましたが、最近は2日に1回、10キロ弱を走っています。

今さらですが、ちゃんとしたランニング用の靴を買いました。1万ちょっともした(泣)

03

で、今はランニング用のサングラスを物色中・・・これがまた、高い(1.5万〜3万)。うーん、まだ宝の持ち腐れかもな〜〜〜。

04

うちの前から、本川の川沿いを上流に向かって走って行きます。基町の市営住宅過ぎて、郵貯(宗徳)過ぎて、大芝水門渡りきったら、ちょうど4キロ。「白島ランニングコース」を通って戻ってきて、横川走って、戻ってもう一度家の周りを1週したら、ちょうど10キロ。時間は、1時間半ぐらい…。

ただ、コレ、いつも涼しい夜に走っているので、本番の日差しがどれくらい影響与えるのか、未知の世界。
日焼け止めなんて塗っても、ズルズルだろうなぁ…。ペットボトルにお茶入れて走ったら、やっぱハンデになるかなぁ …。ニップレス、汗で落ちなきゃいいけどなぁ…(笑)。

ま、色々不安要素がありますが、エントリーしちゃったものはしょーがない。
10月21日(日)江田島の大柿を、まめこ、やまーんさん、トンさん、と、走ってきますよっ!
応援よろしくお願いしますっ!

**********

全然話変わるけど。
この前ブックオフに本売りに行った時、店内色々見てたら急に小学生の頃読んでた本の記憶がぶわーっと蘇ってきまして。

椋鳩十、戸川幸夫、ジャック・ロンドン・・・お気に入りだった動物モノの作家作品、数点見つけましたよ。
ジャック・ロンドンは、「白い牙」が一番好きだったんだけど(ホワイトファングがコリーと死闘を繰り広げるシーンは圧巻)、「野生の呼び声」のほうを買っちゃった。

01

「生きるんだポンちゃん」は確か小1のころ買ってもらった本で、これ見て「獣医になろう」って決めた、思い出の1冊。また手に入ってよかったです。
中学に入って荒れた10代を過ごし、高校をドロップアウトした時点で、獣医の夢は完全に閉ざされましたがね…。

実は、結構な数の本を持ってる子だったんですが、数度大処分を敢行してて、手元にほとんど残ってないんですよ。渡米前の大処分と、渡米の時の郵送で超貴重な本を詰めた1箱が届かないというアクシデント、帰国したら倉庫が浸水してて、大事に取っておいた蔵書が無残な姿に…など、そんな「本とのお別れ」が人生に何度かあって、今持ってるのは最近集めた本ばかり。今思えば、アメリカでもっと洋書買っておけばよかったなーと後悔もしています。

ま、でも今ではこうやって、大きな古本屋さんもたくさんできたことだし、また思い出を引き出してくれるような出会いがあるかも。と、長い目でゆっくり揃えていこうと思います。

**********

また、話飛ぶけど、

人生初の「北入(ペーニュー)」しちゃったよ。

02
 
いやぁ、長かった(笑)。
実戦じゃったら、 投げ出しとるわ。
珍しいことも、あるもんだ!

usaandryo at 01:00コメント(7) 

2012年09月29日

2週連続でプロレス行ってきた(笑)!
まずは9月23日(日)、ダブプロレス@産業会館。
久しぶりにまどかと観戦。

2年半前、初めてマグニチュード岸和田を見た時、ワシ、正直、「恋に落ちた」んよね…。いや、実はいまだ落ちっぱなしなんじゃけど…。
とにかくこの人出てくるとキュンキュンしちゃうんだなー。究極の体してると思う。ああ〜、好きだわ〜。
今回ももちろん勝ってくれました。たったの6分で。正直、もっと見たかったわい…。

05

最近すっかりお笑い路線突っ走ってる、パロマも勝ったよ〜!

06

シメは、もちろん「3,2,1,ダブプロレース!」

07

今回えらく早く終わったなーと思ってたら、終了後のリングで子供のレスリング教室をやってました。そういうことね。

08

4年ぐらい前からプロレスを見に行くようになったんだけど、 ダブ以外の団体は、実は見た事なし。
このたび障害者枠の招待券をもらったので、作業所わくわくのメンバーと、初めて「大日本プロレス」を見に行くことになりました。
ダブのスタイルが特異なんだろうけど、それしか見た事ないし、私にとってはダブが基準。
あまりの雰囲気の違いに、戸惑いまくりのびっくりしまくり…。

9月29日(土)、これまた産業会館にて。
わー、なんかえげつなさそーーー。

09

ゲストで、パロマも出とったよ。
毎週試合が続いた上に、今回の打ち上げ部長も兼ねてたらしく、第一試合でさっと勝って、ヘロヘロでしゃぶ禅へと戻っていきました(笑)。
 
11

なんとかブラザーズ。本物のブタの頭とか腸とか投げてたし…。ちょっと笑えんかったなー。
 
12

おお!西村修(いかレスラー・笑笑笑)じゃんっ!!!
実は、とてもきれいに典型的な技をきちっと決めていくタイプの人なんだねー。
なんか、昭和のプロレス見てるみたいだったわ(顔の雰囲気も)。
 
13

でもって最後は蛍光灯デスマッチ。大日本のお決まりらしい。
選手の体、みんな傷だらけ。親が見たら、泣くよ…。
 
14
 
しかし、全体を通して、なんつーか、「予定調和」的な色がとても濃く、あまり興奮せんかったなー。
お客さんみんなでカウント、なんて、「え?みんな最初からここでこう終わるって知ってたの?」キョロキョロ、みたいな…。
「仕事でやってんすよね。明日もあるんっすよね。」って感じ(100%を出し切らない感じ・力よりキャラに頼ってる感じ)がミエミエ。まぁ、それが「プロ」なんじゃろうけどさ…。

そういう意味では、ダブの「趣味だから徹底的に凝る」方針のほうが、ワシは見ていて気持ちがいいな。

…と、言いつつ、今月はもしかして「全日本プロレス」見に行くかも?
こっちは、いわゆる王道というか、誰でも知ってる有名な人もいっぱい出るので、かなり期待しています。テレビ的な演出にも!

また、全日本にもパロマがゲストで呼ばれてるらしいよ。 
また、あの大きな人たちに囲まれるのか・・・」だって(笑)。
 頑張れ「ちびっ子大作戦!」

一緒に行ってみたい方、連絡くださ〜い!

usaandryo at 01:00コメント(0) 

2012年09月22日

最近20年以上前の話ばっかり書いとるけど、結局その頃の経験や人のつながりが今の自分を形成しとるわけで。
今回のライブもそういう意味で同窓会的なお祭りであったと言えよう。この場を借りて、ありがとう、久保君。

**********

「飲んでこない」と約束したはずのゆきちゃん、ハロータローのリハに合わせてゴキゲンで踊っとるし…。もう出来上がっとるじゃんか(笑)。

01

ゆきちゃんとみかちょんさんが談笑しとる…。これ、夢じゃないよね?もう泣きそう。
 
02
 
で、ふとみかちょんさんの足元見たら、気が抜けた。手作りサンダル。エグザイル(笑)。 

03

8時開演。70人入ったらしい。すげー。
トップバッターは「ミカカとアカノタニン」。よう見たら、元R.I.P.+みかちょんさん(笑)。
 
04
 
ボキャブラリーが貧困で申し訳ないが、やっぱりみかちょんさんはすごいセンスとすごい個性を持ってる人だと思う。25年前からずっと思ってたんだけど、世の中が、ついてこれてないんだよね。

05

ほいでもって、2番めにワシら。
ステージから見た風景。うそみたい。
 
06

実は演奏直前に少し気分がヘコむことがあり、テンション上がりきらんかった…。
自分のメンタルの弱さが嫌になるわ。メンバーの皆さん、お客さん、すみません。
 
07

お兄ちゃんから「動け」と言われて、今回は動いたキヨちんさん。

20

前の週に前歯の差し歯を無くしたコーヘーさん。

21

アヤさんがRamonesTシャツを差し入れしてくれたけん、それに着替えて出たよ。

09

ひとしきりRamonesのコピーをした後、「『ラモ』つながり」で「中島らも」の曲を1曲演りまして…。

23

写真だけ見たらすごい弾いとるように見えるじゃろ?
実はたったの4コードなのです。

13

中島らも「いいんだぜ」



最後にみかちょんさん復活記念にブーシーズの「ケーサツ」をコピーさせてもらっちゃった。
怒られるかな?とドキドキじゃったけど、許してもらえた…。
後でDVD見たら、やっぱケーサツのゆきちゃんのドラムはすごくて、うちも客で見たかったと思った。

次に「ザ・バルス」という久保君イチオシのバンドが出て、トリがゆーちゃんの「ハロータロー」。

14

ミッチーの付けヒゲ、最高に自然だった(笑)。

そのまま、打ち上げに突入。

17

一瞬、ブーシーズ再結成。ちょびっとだけ村八分演ってくれた。はぁ、やっぱり夢みたい…。

18

ご本人から「ケーサツ」の直接指導。

19

の後だったか前だったか、撃沈のみかちょんさん。
ホントは風邪だったらしい。アカノタニンも、ハロータローも。

22

ナカハラさん撮影、オノーンズ(+助っ人ゆきちゃん)。

16

なんだかねぇ、ほんとに夢の様な一日だったよ。
もしまだウッディがあったら、ウッディでやりたかったね。
来てくれた皆さん、一緒に演奏してくれた皆さん、ありがとうございました。
これからも四十路のパンク、やっていきましょう!

usaandryo at 01:00コメント(6) 

2012年09月01日

オノーンズ、またライブします!
今度は、ドラムにゆきちゃんを迎えての、参戦です!

live

この後は全然予定がないので、しばらくオノーンズ見れませんよ〜(多分)。
他のバンドもすごいのばっかりなので、ぜひぜひお越しくださいませ!

あー、練習せねばーーー

usaandryo at 01:00コメント(0) 

2012年08月31日

ずっとまた会いたいねぇと言っていた、岐阜のまみしょうと、20数年ぶりにやっと再会できました!
まみしょうが、広島に遊びに来てくれたよ〜〜〜。

(こっからラボの話→)まみしょうはワシが高1の春に中国支部の中高大生の有志でキャラバンをやった時、迎えてくれた中部支部のリーダー的存在だった人で(その時まみしょうは大学生。高校生リーダーは寛治でした)、岐阜の某巨大パーティを纏めあげてた人でもあり、「わかもの」を立ち上げた貴重な初期メンバーでもある上、伝説の(?)コーチでもあった、全国でも名の知れた人。
(いまだにわかものは続いてるみたいだけど、どんな雰囲気なんだろうなぁ。キャラバンなんかもやってる熱い中高生は今でもいるんだろうか。しかしこの年の黒姫楽しかったなぁ。このころの出会いが、今でも続いてる人全国にいっぱいいるよ。一生の宝だね〜。)

その25年前の中中交流(中部、中国で「ちゅんちゅん」ね)が機でまみしょうにはかわいがってもらい、確か22年前にMichelleと名古屋に遊びに行った時にもお世話になって(まみしょうは覚えてないらしいけど)、それ以来連絡は取り合うけど会う機会がないまま…。でも共通の友達の拓だの寛治だのとワシはちょこちょこ会っていたので、縁遠くなってる感覚はあんまりなかったんだよね。

だもんで、広島駅へ迎えに行っても、改札で「おーっす!変わってねーなー」みたいな軽〜いノリで再会。29日(水)19:05、まみしょう広島入り。
広島は道後山のキャンプ以外来たことがないとの事だったので、とりあえずお好み焼きでしょ、というわけで「福ちゃん」へ。カープソース気に入ってもらえて、つかみはOK!
その後、個人的な用事もあって、レインボーカフェへ。まみしょうがデッドベアーの輸入販売もしてるのもあり、デッドの話で盛り上がりました。

10時ごろ一旦うちへ戻って、仕事も移動もあって疲れてるだろうと思ったら、「カラオケ行こうよ」と言うので今度は徒歩で本通りへ。まみしょう、相変わらずパワフルじゃね・・・。
ライトアップされた原爆ドームをぐるっと1周して、一応観光もしたということで。

08

**********

次の朝、宮島に向けて出発。

01

厳島神社見て、予定としてはロープウェイ乗って、水族館行って、19時までに帰れればいいかな、と踏んでたんですが、
ロープウェイ降りたところの看板を見て、「上に展望台あるみたいだね?行ってみる?」ってな話になり、私もそこから先は今まで行ったことなかったので、軽い気持ちで「ほいじゃあ行ってみよう」と答えたのが運の尽き・・・

まさか、そこが地獄の登山道だったとは・・・・・。

「し、死ぬかと思った・・・。ゼィゼィ、ハァハァ・・・」

02

弥山、標高529m、1時間かかってほとんど瀕死の状態で登頂。もう、一生登山なんてしない。これ、トラウマになるかもしれん・・・。

唯一嬉しかったのは、帰り道でオオゴキブリに出会えたことかな?さすが、天然記念物に指定されてる原生林。動きがモソモソしてて、かわいかったです。

04

結局、山を降りたら水族館なんて行ける体力も時間も残っておらず、ヘロヘロのまま帰宅。
19時に「カープ鳥」を予約していたので、着替えもできないまま歩いてカープ鳥へ。

05

ノブ君も呼んで、25年前の話やお互いの近況なんかを話す元ラボっ子たち。いやぁ、こんな席が持てるなんて、嬉しいなぁ。ラボ、やっててよかった。

たらふく食べた後は、ノブ君ちで麻雀大会。おじちゃん、おばちゃん、夜遅くに押しかけて、すみません。

07

まみしょうは、強かった。ワシは、半荘2回でちょっと浮いただけ。まぁ、たまには4打ちもいいでしょう。
さすがに午前2時、帰りの運転は足がプルプルしてたよ。

**********

次の日、午後2時にお客さんが来る予定があったので、まみしょうをお昼に追い出すことになってしまった。ごめん。
近所の「ケララ食堂」でインドカレーを食べた後、広島駅に送る。

でも濃いくて楽しい3日間だったなー。
今度はうちが遊びに行くね!また、会いましょう!!!

usaandryo at 01:00コメント(3) 

2012年08月04日

かなり久しぶりのブログになってしまいました。
異常気象のせいなのか、今年はインコたちの繁殖シーズンが長引き、4、5、6、7月ずっとヒナの世話に追われていました。

その合間を縫ってちょこちょこ悪さしよったわけですが、

…とうとうやってしまいました。
オノーンズのライブ。

onones

事の始まりは多分去年ぐらいからで、ラモーンズのコピーバンドやりたいなーみたいな話をキヨちんさん(ギター)にしていたら、キヨちんさんがシンジさん(ドラム)とコーヘーさん(ベース)を誘ってくれて、春頃ほんとにスタジオ入ることになって、そのうち「どうせ練習するんならライブをやろう」という話になって、シンジさんがE姉さんのイベントを決めてきてくれて、8/4(土)、Duckでデビュー、となったのでした。

なんでラモーンズじゃったかいう話を書くと長くなるからしないけど、結果的にはいい選曲じゃったんじゃないかと思います。超盛り上がったなー。9割9分は来てくれたお客さんたちの力じゃけどね。おかげさまで楽しいライブをすることができました。
もっと写真見たい人はスライドショーで ↓



こんな私の「今さら?!」というような戯言に、真剣に付き合ってくれたキヨちんさん、シンジさん、コーヘーさんには本当に感謝です。

もう一回ぐらいしたいかな。

usaandryo at 01:00コメント(2) 

2012年04月29日

母方のいとこ、志保の結婚式に、家族四人で熊本まで行ってきました。
28日朝5時出発。私は寝てる間に着きました。

ホテルでヘアメイクをしてもらい、

01

成人式の時作った着物を20年ぶりに着ましたよ。

02

緊張のたっつん(母の弟)。志保のほうは堂々としたもんでした。

03

披露宴は、さすがエリート同士、という雰囲気でしたねぇ。

04

高校の時から、12年付き合った彼氏だそうです。お互い就職してから5年間は遠距離だったそう。志保が転勤願いを出して、これからは二人、東北で暮らすそうです。
自分も含めて、この数年「10年以上付き合って結婚しなかったら結局別れるの法則」を何件も何件も見てきたので、久々にこのジンクスを破ってくれた志保は、すごいと思う(うらやましいかは別として)。

05

余興のクイズに当たってしまった父(笑)。景品もらってました。

06

お色直し2回。やるこたぁしっかりやるねぇ。
勉強や仕事のほうが大事で、こういう事はどうでもいいタイプかと思っていたけど、すごい女の子の部分も強く持ってる子なんだ、と内心びっくり。このゴールドのドレスも、絶対これだって譲らなかったんだって。

07

きれいだったよー、志保。両方のおばあちゃんに見せてあげたかったねー。

08

もひとつびっくりだったのが、新郎のお母さんがなんと元ラボのテューター。
全然初めて会った感じがしなかった。すごく雰囲気のいいお父様とお母様でした。

次の日、お墓参りに行って、

09

夕方帰って来ましたとさ。

**********

実はその前の日、Morrisseyのライブに行ってまして(笑)。

10

わしゃスミスにはいまいちハマらんかった人なんですが、ニッシーが行かれなくなったので代理で行ってきたわけです。
いやぁ、もうなんつーか、オーラが大物演歌歌手のようでしたね。パフォーマンスも。口ポカーンで唖然としてたら終わってしまいました。
Morrisseyももう53才か〜。お約束なんかもしれんけど、もう裸見せるのはやめたほうがええじゃろう(笑)!

usaandryo at 01:00コメント(3) 
オノマリコ



オノマリコ

永遠の器用貧乏です。

アートカプセル
サザナミインコのRamona

twitterやっとるよ
月別アーカイブ
コメント
記事検索
Facebookにもおるよ
mixiにもおるよ
Skypeでもどーぞ!
メッセージ

メールはこちら
お気軽に。



英語のことわざ
英語の名言
  • ライブドアブログ